カートを見る マイページへログイン ご利用案内  お問い合せ サイトマップ
RSS

後払い決済

ヘッド3

ヘッダー・デペルト「ゴルフ場」リトグラフ・額寸1012×1262mm”ミステリアスに美しい

heddo 

中原淳一



中原 淳一(なかはら じゅんいち、1913年(大正2年)216 - 1983年(昭和58年)419日)は、画家、ファッションデザイナー、編集者、イラストレーター、人形作家。妻は宝塚歌劇団元男役トップスターの葦原邦子。長男は画家の中原洲一。姪はシャンソン歌手の中原美紗緒。美紗緒の長男は映画監督の室希太郎。孫は俳優・声優の加古臨王。

幼少の時より絵や造形に才能を示し、18歳の時、趣味で作ったフランス人形が認められ東京の百貨店で個展を開催。それがきっかけで雑誌『少女の友』の挿絵、口絵、表紙絵、付録等を手掛けるようになり、一世を風靡する人気画家となる。

終戦後は、女性に夢と希望を与え、賢く美しい女性になってほしいとの理想に燃え、自分の雑誌『それいゆ』(1946年)『ひまわり』(1947年)『ジュニアそれいゆ』(1954年)『女の部屋』(1970年)を相続いて創刊。

編集長として女性誌の基礎を作っただけでなく画家、ファッションデザイナー、スタイリスト、インテリアデザイナー。人形作家など多彩な才能を発揮。その全ての分野において現代につながる先駆的な存在となる。

昭和30年代半ば、病に倒れ、長い療養生活の後、70才にて逝去。

2000年(平成12年)に山梨県河口湖に中原淳一美術館が開館。のちに閉館。

ページトップへ